alan_fan_musicのブログ

歌手alanの投稿の翻訳など

16.09.16 alan叮咯咙咚呛の思い出

alanの投稿

見ることのできない物が、人々を感動させます。

《叮咯咙咚呛》の第2シーズンに我々は陝西省の北部の旬邑県に行きました。今でも昨日のように思い出されます。10日間の撮影の過程は素晴らしい旅行の経験でした。

撮影地点に着いた時に、多くの地元の人が嗩吶(チャルメラ)を吹いて我々を受けて入れてくれた事を覚えています。周りはトウモロコシ畑と小さな山に囲まれていました。私の最初の感覚は、心が穏やかで、ある種言葉で表現しづらい感覚でした。地元の人々の素朴な気質が私をそのようにしたのだと思います。

番組の収録が進むにつれて、一切全ては徐々に「本題」に入り入り始めました。本題 —— 旬邑県の嗩吶(チャルメラ)の神髄に加えて、人がお互いに協力して演奏していくという全く新しいやり方と伝承を体験しました。それゆえ、私が「何もする事がない」という時が来ると、ムードは直ちになくなり、心は更に多くのプレッシャーを感じました。1つには、なぜなら私が以前に嗩吶(チャルメラ)を触れた機会が非常に少ないというのもありますが、しかし、少し嗩吶(チャルメラ)を学んだ地元の学生が簡単にやっているように聞こえ、不思議な感覚の芸術のように感じました。その一方、《叮咯咙咚呛2》というプラットフォームは、新しい創造的なやり方を用い、旬邑県の嗩吶(チャルメラ)を皆さんに知ってもらい広めるという機会を作り、もし、皆さんが喜んでもらえる作品をその後作り出す事が出来なければ、私の心は非常に忸怩たる思いです。それゆえ、本当に大きなプレッシャーがかかりました。

多くの場合、我々の大部分は、単に他の人の表面的な輝きと成功だけを見ます。そして、その背後には見る事のできない努力があり、実際、それが最も人を動かします。吕海东さんは1990年代生まれですが、彼は敬服に値する物を非常に多く持っていて、毎日休む暇もなく真面目に嗩吶(チャルメラ)を練習し、このことで伝統芸術を一定の状態で堅持する事が出来ています。それが彼を全国屈指の嗩吶(チャルメラ)の研究生にしています。海东さんとの世間話の時に、彼は子供時代特別に嗩吶(チャルメラ)を吹くことが好きで、食事前に1時間吹き、食事後も1時間吹き、学校に行く前にも吹き、時には吹くことで我を忘れ、学校に行くのに遅れることもありました。先生に怒られて罰で立たされることもあったと言っていたことを覚えています。これを聞いた時、笑いそうになると同時に感動しました。

海东さんとの創作とすりあわせで多くの時間が経ち、我々は我々自身の作品を作り出しました。皆さんがこの作品を好きになってもらえると本当に嬉しく、更に多くのプラットフォームで海东さんのような伝統芸術を継承する若い人に機会が与えられると嬉しいです。嗩吶(チャルメラ)が注目され、中国の伝統芸能が伸びて欲しいです。

 http://www.weibo.com/ttarticle/p/show?id=2309404020321312222191

f:id:alan-fan:20160916225513j:plain

alan事務所の投稿

上記のalanの投稿へのレスです。

番組を通じて更に多くの人が中国の伝統文化に注目してもらえたら嬉しいです。なぜなら、中国文化は我々の最も美しい衣装だからです。

http://www.weibo.com/5657235699/E8wFtoLNV

http://www.weibo.com/5657235699/E8z94ecRs

f:id:alan-fan:20160916230530j:plain

f:id:alan-fan:20160916230731j:plain

f:id:alan-fan:20160916230737j:plain

f:id:alan-fan:20160916230745j:plain